再入国許可申請 行政書士濱坂和子事務所 大阪・箕面

サイト管理者

行政書士濱坂和子事務所

 

行政書士 濱坂 和子

 

大阪府行政書士会

会員番号 第5235号

 

株式会社設立サポート
 
NPO法人設立サポート
NPO法人とは?
設立認証申請
 
外国人の在留資格

在留資格認定証明書

在留資格の更新

在留資格の変更
資格外活動
再入国許可
永住許可申請
在留資格Q&A
 
帰化許可申請
 
自動車関連
移転登録(名義変更)
車庫証明
 
報酬額は、各業務のページに記載されています。
 
特定商取引法による表示
プライバシーポリシー・免責事項

 


 

初回相談は無料です

電話番号: 072-700-3150

(平日9:00~17:00)

E-mail:

hamasaka@hcn.zaq.ne.jp

またはお問い合わせフォームをご利用ください。

 


 

事務所所在地:

 〒562-0025

 大阪府箕面市粟生外院

 6-1-34

 

行政書士濱坂和子事務所

 

一時的な出国の前に行う申請です

 日本に在留している外国人が一時的に出国し、再び日本に入国しようとする場合、あらかじめ再入国許可の申請をします。

 

★ 平成24年7月9日より、出国後1年以内に再入国する場合は、再入国許可のいらない「みなし再入国許可制度」が導入されました。 → 詳しくはこちら

 

再入国許可申請 再入国許可を受けずに出国し、1年以上が経過してしまうと、今までの在留資格と在留期間が消滅してしまうため、再度入国する際には改めて査証の申請を行わなければなりません。査証の発給には時間がかかりましすい、以前と同様の在留資格が与えられるという保証もありません。それらの不便を解消し、手続を簡略化するために、出国に先立って法務大臣が与える許可が、再入国許可です。

 

  再入国後も、出国前からの在留資格・在留期間が継続しているものとみなされますので、同じ在留資格で、現在有する在留期間の末日までに入国しなくてはなりません。(海外で在留資格の更新手続きはできません。)

 

★  「永住者」の資格で在留する外国人も、1年以上の長期出国の際は再入国の許可を取り付けておかなければ、在留資格を失うことになりますので、ご注意ください。

 

  再入国許可が下りると、パスポートに証印が押されます。 再入国許可には、1回限りのものと、期間内は何回でも再入国できる数次のものがあります。

 

★  申請手数料は、1回限りが3,000円、数次有効が6,000円です。 基本的に、即日交付です。

 

みなし再入国許可制度について

 平成24年7月6日より、出国後1年以内に再入国する場合は、原則として再入国許可を受ける必要がなくなりました。

 

 出国の際、在留カードを所持し、再入国出国記録のカード(EMBARKATION CARD FOR REENTRANT)の「みなし再入国許可による出国を希望します」の欄に、チェックを入れてください。

 

 以下の場合は、みなし再入国許可制度の対象となりません。

 

■在留資格取消手続中の者

■出国確認の留保対象者

■収容令書の発付を受けている者

■難民認定手続中として「特定活動」の在留資格をもって在留する者

■出入国の公正な管理のため再入国の許可を要すると認めるに足りる相当の理由があるとして法務大臣が認定する者

 

 出国後1年以内に再入国しないと(在留期限が出国後1年未満に到来する場合は、その在留期限までに再入国しないと)、在留資格が失われます。そうなると、新たに在留資格認定証明書の交付を受けて入国しなければなりません。また在留年数の通算がリセットされてしまいます(永住許可申請に影響が出ます)。実際にそのようなご相談は多いです。くれぐれもご注意ください。

 


 

 

申請手続一式(申請書作成、代理申請)
16,200円 

 

 

お問い合わせ
このページのトップへ